Android端末でバージョンを上げられないことも

Android端末でバージョンを上げられないこともあることを先日に学びましたので、そのことについて書いておきます。

ちなみに私が経験した出来事は、Android端末で、あるアプリを動かそうとすると「バージョンに対応していません」と出るので、アップデートして最新バージョンにしたつもりだったのですが、それでもアプリが求めるバージョンに達していないというものでした。

android端末でのバージョンアップデートの方法

android端末の場合は、だいたい以下の手順でアップデートできると思いますが……

手順① 「設定」を選択
手順② 「端末情報」を選択
手順③ 「ソフトウェアアップデート」を選択
手順④ 「アップデートを開始」を選択

ただし、この方法で必ずしも最新バージョンまでアップデートされるというわけではありませんでした。

android端末がバージョンに対応しているかどうか

android端末のソフトウェアシステムバージョンアップは、
android端末のハードウェア(スマホの機種)が対応しているシステムバージョンまでしか上げられないんです。

全てのandroid端末が、より新しいバージョンに対応しているわけではないということです。

理由は、大きく分けて2つです。

①そのスマホ端末の性能が低いなどの問題で、新しいバージョンに対応できないから
②そのスマホ端末が古かったり、人気がなかったりして、新しいバージョンに対応させる気が企業にないから。
(企業は営利団体なので、ユーザー離れを起こさないために新バージョンのアンドロイドを提供しますが、利益にならなければわざわざ新バージョン対応はしてくれないということです)

なので、自分のスマホ機種名でどのバージョンまで対応しているか調べてみて、その機種がバージョンに対応していなかったら、悲しいことですが諦めましょう。

バージョン対応していないandroid端末をなんとかバージョンアップする方法…

どうしても諦めれずにバージョンを上げたいのであれば、メーカーサポートが一切受けられなくなり自己責任になりますが、
root化して(端末の管理者権限を取得して)、互換のandroidOSを探して使うなどの方法もあるかもしれません……。

root化について
http://ja.wikipedia.org/wiki/Root%E5%8C%96_(Android_OS)
http://www.gizmodo.jp/2013/07/androidroot_1.html

こういった方法は、それなりの詳しい知識や労力が必要になります。
リスクがあってでもバージョンアップしたいという方はチャレンジもありかもしれません。

Androidをroot化する10の理由を読むと、面白そうなのでバージョンアップとか関係なく一度やってみたい気持ちにはなります(笑)

サブコンテンツ

このページの先頭へ