embeddable、executable、web-basedの違いとは

WindowsにPythonをインストールするときに、ダウンロードページに行ったら、embeddable  zip file、executable  installer、web-based installerと3つのリンクがあって、それぞれの違いが気になってしまったので調べてみました。

embeddable  zip file、executable  installer、web-based installerの違いとは

Pythonのインストールページにある3つのリンクの違いを簡単にまとめてみました。

Python-installer

  • embeddable  zip file
    和訳:生み込み可能なzipファイル
    ファイルサイズ:7MB
  • executable  installer
    和訳:実行可能なインストーラー
    ファイルサイズ:31MB
  • web-based installer
    和訳:webに基づくインストーラー
    ファイルサイズ:1MB

和訳を見ると、なんとなく意味がわかるかと思います。

embeddable  zip file

embeddable  zip fileは、組み込み配布物用で、PCの環境変数、システムレジストリ設定、インストールされたパッケージなど、ユーザーのシステムから完全に分離しての使用が可能なようです。う~ん、上級者用ですね。

executable  installer

executable  installerは、PCにダウウンロードしたインストーラ自体にインストールしているプログラムのすべてのコンポーネントがあります。

インターネットにアクセスできるコンピュータにインストーラをダウンロードして、インターネットにアクセスできないコンピュータにコピーすれば、そのPCにインストールできるということですね。

つまり、ネットにつながらないPC用のインストーラーですね。

web-based installer

web-based installerは、起動時に必要なファイルをダウンロードしながら、インストールするインストーラーになります。なので、サイズが小さく済みます。

インストーラーはインストールし終わったあとには削除すると思うので、サイズの大小は気にならないと思いますので、ネットにつながるPCであれば、executable  installerとweb-based installerのどちらでインストールしても構わないということですね。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ