マンガ原作の実写化映画の興行収入ランキング

近年になってから、やたらとマンガを実写化する映画作品が増えてきているような気がしてたので、歴代のマンガ原作の実写化映画の興行収入ランキングを調べてみました

マンガ原作の実写化映画の興行収入ランキング

1位 ROOKIES 卒業         85.5億円 2009年

2位 THE LAST MESSAGE 海猿   80.4億円 2010年

3位 花より男子ファイナル     77.5億円 2008年

4位 BRAVE HEARTS 海猿     71.6億円 2012年

5位 LIMIT OF LOVE 海猿     71.0億円 2006年

6位 るろうに剣心 京都大火編    53.8億円 2014年

7位 デスノート the Last name   52.0億円 2006年

8位 ALWAYS 続・三丁目の夕日   45.6億円 2007年

9位 るろうに剣心 伝説の最期編   45.1億円 2014年

10位 20世紀少年 最終章 ぼくらの旗 44.1億円 2009年

 

 

1位のROOKIES 卒業は全ジャンルの映画の中では、歴代50位ほどになりますね。
マンガ、ドラマとなっての映画化された作品で、熱血青春スポーツという内容の面白さもさることながら、後に活躍することになる若手役者たちが出ているのも面白い作品です。

全体として見ると、海猿とるろうに剣心が強いですね。
それと、比較的に近年に制作された作品ばかりだということもわかりますね。

 

感想

勝手なイメージですが、マンガの実写化映画の場合は、話題にはしやすいと思うので、原作の魅力を引き出して成功させることができれば、元から作品のファンも役者のファンも、そして新しくファンになる人もいるわけなので、今後も実写化の流れは止まらないのかなと思います。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ