熱い無線LANルーターを冷やす方法まとめ

夏にを使っていると、問題になるのが熱くなることです。無線LANルーター機器が熱くなりすぎると熱暴走によって機能低下して接続状態が悪くなりますよね
というか、接続がつながらなくなってイライラすることもありますよね。

そこで、私の経験も交えて手軽に無線LANルーターの熱を下げる方法をまとめておきたいと思います。

こういった方法を取ることでネット接続が快適になってイライラから解放されますし、無線LANルーターの寿命も伸びますので、できるかたは試してみてください。

無線LANルーターの設置の基本

まず当たり前ですが、
直射日光が当たるところには置かない。。
熱気がこもる天井付近には置かない。
近くに物、特に発熱物は置かない。

 

無線LANルーターをエアコン、クーラーの冷風で冷やす

エアコン、クーラーの冷風が当たる場所に無線LANルーターを設置して冷やします。
これができるとかなり楽になります。

モバイルルーターだとこの方法が取りやすいです。
さらに、エアコン本体から紐でモバイルルーターを吊り下げて送風口のすぐ近くに置いておくと最強です。
熱くなることとは無縁になるので、できる方にはオススメの方法です。

 

無線LANルーターを小型扇風機の風で冷やす

これはスタンド設置型の無線LANルーターでもモバイルルーターでも、どちらでも簡単にできることです。

また、エアコンやクーラーは極力使わないという人にも使いやすい方法になります。

自分が近くで扇風機の風を受け続けることを想像するとわかるかと思いますが、侮れない冷却能力を発揮してくれます。

この方法では扇風機ではなく、ルーター冷却専用のファンも販売されています。

 

小型扇風機を持っていない人は改めて買うよりも、無線LANルーターの冷却用途で使うならこういった専用ファンを買った方がいいかもしれません。

こちらの記事では、温度調査までされてます。
予想以上に本体温度が下がった! 「ルーター冷却スタンド」で無線LAN機器の熱対策

私は少しでも温度を下げようと送風元の後ろにアイスノン(冷却枕)などを設置して、冷風を送るようにしていました。
(エアコンがない部屋だったのです)

無線LANルーターに水を塗って冷やす

これは少し面倒くさい方法になるのですが、無線LANルーターが自分の手が届く範囲にあるときに有効です。

スタンド設置型、モバイル型、どちらの無線LANルーターにでも使えます。

機器の継ぎ目に水が入らない表面の場所を、水で濡らした手や布で水気が残るようにして拭きます。
水の気化熱で機器の熱を下げてくれます。
暑い日差しの中、水で濡らしたタオルで拭く気分をきっと味わってくれているはずです。

なんども自分の手でやるのが面倒ではない人は気が向いたときにやってみていいんじゃないでしょうか。

……あまりオススメはしません(笑)

 

無線LANルーターを氷水袋で覆って冷やす

ビニール袋を2重にして、その中に氷と水を入れます。そして、それを無線LANルーターをいい感じに覆うようにして置きます。

これは機器の温度を急激に下げてくれます。

注意点としては、
ビニールから水漏れしたら大惨事なので、そうならないように細心の注意を払うこと。
無線LANルーターをいかにいい感じに覆うのかの工夫がいること。
氷が溶けて温くなったら、交換する手間がかかること。

 

無線LANルーターアイスノンでを囲んで冷やす

これは無線LANルーターをアイスノンで覆う方法です。

モバイルルーターの場合は、アイスノンの上に載せたり2つのアイスノンで挟んだりしていました。
スタンド設置型の無線LANルーターの場合は二つのアイスノンで挟んで、輪ゴムやヒモで固定していました。

これは氷水袋の方法に比べれば、冷却能力は減らず、交換の手間がぐっと減るので、アイスノンを持っている方は試してみてもいいのではと思います。

 

失敗談:無線LANルーターを冷蔵庫に入れる

モバイルルーターで試した方法です。
冷却能力はピカイチの方法だったのですが、電波が飛ばない(笑)

熱い無線LANルーターが冷え冷えになったときは感動したのですが、
接続状態が最悪だったので、断念した方法です(笑)

 

保冷剤で挟む

モバイルルーターやスマホであれば、この方法がお手軽かつ有効です。というか、アイスノンのソフトな感じですね。

ポイントとしては、モバイルルーターよりも大きめの常温の保冷剤で、無線ルーターになるべく大きな面積で接するようにして冷やすことです。

私は一度も経験したことがなくて知らなかったのですが、急激に冷やすとルーター内部で結露して水気が生じて故障する場合もあるそうなので、ゆっくりと冷やす方がよいみたいです。

急速冷却で冷え冷えとはなりませんが、触るのもつらいレベルの熱さが収まります。保冷剤のジェルが熱をかんり吸い取ってくれるのがわかります。

保冷剤が温かくなったら、軽く冷蔵庫にいれたり、水にいれたりして冷却能力を復活させてあげます。

ちなみに、小さい保冷剤だとすぐにぬるくなって、頻繁に冷やす手間が必要になって面倒くさいので、持ち運び用でなければ大きめの冷却剤のほうがオススメです。

 

オススメの方法

バカな方法も紹介しましたが、オススメは以下の方法のどれかじゃないでしょうか。

エアコン、クーラー
扇風機、ファン
アイスノン、保冷剤

ちょっとした手間で無線LANルーターの熱はさげられますので、困ったている方は試してみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ