viエディタでrecordingの文字が出てきたときの終了方法

viエディタの使い方を知らないで適当に触っていたら画面の左下にrecordingの文字が……
ESCを押しても:q!を押してもrecordingの文字が消えてくれなくて初心者の私は焦って困ったので、ここにrecordingの意味と終了方法を書いておきます

viエディタのrecordingの意味

viエディタには実はマクロ機能があるんです。
(マクロ機能:一連の操作を保存して、その操作を後からでも簡単に使えるようにする機能)

recordingとはマクロの記録中という意味なんです。

 

viエディタのrecordingの終了方法

マクロの記録開始は、
ノーマルモードの状態で、「q」と「アルファベット1文字(マクロ名になる)」を入力するとなります。(qaやqwなど)

そして、画面下にrecordingの文字が出てきます。

なので、初心者の私はテキトーにキーを押しまくってqwなどと押してしまい、意図せずにマクロ記録中となって出てくるrecordingの文字に焦るという(T_T)

マクロ記録モードのrecordingを終わらせるには
q を打ちます。

これでマクロ記録は終わり、ノーマルモードに戻って普通にESCなどが操作ができるようになります。

viのマクロ機能について

せっかくなので、マクロ機能についての使い方を捕捉しておきます。

マクロの実行

(例)qw → マクロに記録させたい操作 → q

このように記録させたマクロは、ノーマルモードで例えば 5@wと入力することで 5回 wというマクロを実行させられます。

マクロの閲覧

マクロは複数を記録しておくことができ、閲覧をするためにはノーマルモードで :reg と入力します。

マクロの削除

記録したマクロの中で、不要になったものはノーマルモードで他のマクロを入力して上書きするか、:let @a=”と打ち込むことで削除することが可能です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ