ひきこもりニートは虫歯になれない

ひきこもりニートにとって、虫歯は恐怖です。

虫歯になったら歯医者に行かなければならないですが、外は怖いし、人に会える状態ではないので、歯医者になんて行くことがなかなかできないからです。

なので、ひきこもりニートは虫歯予防に全力を注ぐ必要があります。

ひきこもりニートと虫歯になりがち

ひきこもりニートでも、食べ物は食べないと生きていけないのので、どんなに面倒くさくてもご飯は食べているはずです。

お腹が減ると、お腹が痛くなってくるので食べざるをえないからです。

だいだい、2日間も何も食べないでいると、食べ物のことばかり考えることになります。

我慢できずに食べます。(私の経験です)

ただ、歯を毎日必ず磨いているのかと言うと、そうじゃない人も多いのではと思います。

歯は磨かなくても、別に死にはしないからです。

歯を磨くことって、けっこう面倒くさいので、別に誰かと会うわけでもないひきこもりニートの場合は、歯磨きをサボりやすいです。

でも、歯磨きをサボると、大変です。

 

ひきこもりニートが虫歯になると

ひきこもりニートは虫歯になっても、歯医者は行きづらいので、虫歯になっても放置することが多いです。

自分や自分の人生に対して、諦めていて自暴自棄な精神状態になっているので、「虫歯なんてかまわない」という気持ちになりがちです。 (まともな気持ちになったときには、後悔します)

ただ、虫歯は放置しておくと、どんどん悪化していきます

食べることが難しくなります。

何もしていなくても、歯に痛みが生じるように進行していきます。

日頃から歯が痛いようになったら、ひきこもりニートどころではなくなります。

落ち着いてひきこもりニートをやっていることができなくなります。

結局は、ひきこもりなのに、イヤでも歯医者に行かざるを得なくなります

この記事を読んでいる人で、すでに虫歯になってしまった人は、ズルズルと引きのばさずに早く歯医者に行きましょう。

私はひきこもりニートやっている期間中に、歯医者に行った回数はひきこもり初期の最初の一回だけで、他は記憶にないです。

歯医者に死ぬほど行きたくなかったからです。

 

ひきこもりニートは虫歯予防だけはするべき【ラクしよう】

私はひきこもりニートの最中は、別に健康に気遣いなんてしていませんでしたが、上記の理由から虫歯にだけは気をつけていました

歯磨きのために、手を上下左右に動かすことは果てしなく面倒くさいです。

しかも、手で歯磨きしていても、磨き方が下手だと、結局は虫歯になります。

私の場合だと、歯間や歯ぐき根元の磨きがうまくできなくて、虫歯によくなっていました。

虫歯を防げないなら、疲れるだけで意味がありません。

なので、私は手で歯磨きをすることはしなくなりました。

電動歯ブラシ(回転式ではなく音波振動式)とジェットウォッシャーで、ただ当てるだけで歯磨きするようになりました。

圧倒的にラクです。

生きるのすら面倒くさいと思っているのに、ましてや歯磨きなんてという人には、かなりオススメです。

デメリットは、音が少しうるさいのと、通常のブラシよりもお金がかかるということです。

メリットは、手で歯磨きするよりも簡単でキレイになります。
(洗濯も食器洗いも自動化した方がいいのと同じです)

また、虫歯になって歯医者に行くお金と精神的拾うを考えると、コストについてもトータルでは安いと思います。

方法はなんにせよ、ひきこもりにとって、虫歯だけは避けたい大敵ですので、予防に力を入れるようにしましょう。

サブコンテンツ

ページの先頭へ