ひきこもりニートは就職目標・就職計画を立てよう

働きたいという自分の気持ち(意志・目的)を自覚したら、漠然とした気持ちを具体的な目標や数字に置き換えてみましょう。

なんとなくでも数値で目標を立てると、行動する目安になるので頑張ろうという気持ちが続きやすいです。

成果というか、動けている実感を感じられないと人は挫折しやすいです。

やることも見えない、出口も見えない、いつ終わるのかわからないあいまいな毎日で、ただ苦しく虚しい日々を経験したことのあるひきこもりニートもいるでしょう。

そういうひきこもりニートこそ、目標という区切りを作って、日々にメリハリをつけることの効果を実感できるのではと思います。

タイトルとURLをコピーしました