亀川史華競輪選手の経歴を調べてみた

競輪選手には珍しい経歴の人だなーと思ったので、そのプロフィールを調べてみました。注目を集める経歴の持ち主なので頑張ってもらいたいですね。

亀川史華さんの経歴

kamekawahumika

生年月日
1991/05/09(25歳)

出身地:兵庫県神戸市
出身校:大阪美容専門学校

趣味、特技:ピアノとドラム
スポーツ歴:運動は経験はなし

学校卒業後に美容師として働く。(18歳から)
元モデルの経歴がある。(メインはウェディングモデル)

22歳から競輪選手を志して
日本競輪学校に110期生として入学。そして、2016年に卒業。

師匠:奥谷広巳選手
ホームバンク:明石自転車競技場
級班所属:A級2班(2016年5月1日)

 

亀川史華さんの家族

父親:亀川修一
元競輪選手で、
1978年に競輪選手デビューした2年後に、全日本新人王戦で優勝。
トラックレース世界戦スプリント種目に3年連続で出場という経歴の持ち主。

(史華さんのお兄さんも学生時代の自転車競技の記録があります)

亀川史華さんの身体能力

身長:170.3cm

体重:62.7kg

太股:60.0cm

背筋力:138.0kg

握力:(左)43.3kg (右)43.3kg

元モデルのすらりとしたスレンダー体型からここまでの筋肉量をつけるというのは……
想像するだけで大変そうです。

 

亀川史華さんの競輪学校での成績

1km走のタイムは、1分18秒39で8位

競輪学校での総順位では、9位(22人中)

競輪学校1着回数:4回

競輪学校2着回数:17回

競輪学校3着回数:10回

競輪学校着外回数:19回

 

感想

競輪学校での成績を見ると、
平均的で目立ったところがないように思えますが、
まったくの未経験から初めてということを考えると、
これからの伸びしろにまだまだ期待ですね。

元モデルで元競輪選手の父を持つという、かなり目立つ経歴の持ち主なので、それゆえに良いことも悪いこともあるかと思うのですが、まずは7月名古屋でのデビュー戦、活躍されることを願っています。

サブコンテンツ

ページの先頭へ