ネットワークビジネス勧誘者の交流会やパーティー会場での特徴

マルチ勧誘を目的に交流会やパーティに参加している人たちは、その目標に沿って動いているので特徴があります。なので、その特徴をいくつかまとめてみました。人によってやり方が違いますし、私が体験して感じたことなのであくまでひとつのパターンとして参考にしてください。

・男女関係なく多くの人に声をかける
・少しでも盛り上がったりしたら、連絡先を交換しようとしてくる

この2点は普通の人でも見かける特徴ですね。

これに加えてネットワークビジネス勧誘者は以下のような特徴もあります。
(モデーア、ワンダーランドの場合)

・一人参加で、年齢のわりになにを目的として参加しているのかわからないけれど、声をかけている人。
(友人目的や恋愛目的といった自分に合う人を探して求めているといった雰囲気ではないのに、なぜか仲良くしようとしてくる)

・複数人で参加してきている場合、それぞれのことをニックネームなどあだ名で呼び合っている
(わりと変わったニックネームの人が多いかもしれません)

・複数人で参加してきている場合、お互いのことをあまり知らなかったり、知り合って短いことも多い。
(ビジネスに参加して日は浅いけど、同じチームの人で交流会に参加することがあるからです。
また、参加して日はそれなりに長くても、悲しいことですが同じチームの人でも普段の会話の中でお互いの暮らしや性格などを深く話すことが少なかったりします。
ビジネスのための人集めに必死な人が多いので、参加した人の人間性に対して純粋に深い興味があるわけではないからだと感じていました)

・自分たちでも人を集めてスポーツや飲み会などのイベントをやっているからと誘ってくる

・一緒に動いているわけではないけど、知り合いが会場にいる人。
 (よく見てると不自然に互いを避けていたり、逆に仲が良かったりします)

(同じネットワークビジネスに取り組んでいる人が、同じ交流会にたまたま参加しているパターンです。
 このパターンは、それなりにあります。
 ネットで参加募集していて東京で開かれている交流会は数が多いとは言っても限られていますので、
 マルチ勧誘目的で何度も参加している人たちはパーティー会場で顔見知りと会うことも多くなるのです)

他にもあると思いますが、こういった特徴、違和感を感じたらネットワークビジネス関係者の可能性が出てくるのではと思います。

サブコンテンツ

ページの先頭へ