NOSiDEで「診断画面の表示に失敗しました」と表示されたときの解決方法砲

よくわからないけど何度も出てきていた「診断画面の表示に失敗しました」というエラーらしきもの。
放っておいたせいか、ついには接続ができなくなって焦ったので、そのときの解決方法をのせておきます。(私の場合は、こうしたら解決したという1つの例です)

「診断画面の表示に失敗しました」と表示されると、下に3つくらいの原因候補が書かれていたのですが、どれにも当てはまらないような気がするし、それ以上に情報もないし……

セキュリティがどうのこうのとか書かれているけれど……わからない。

私はこんな状態になっていました。

色々と触っていて判明したのが、そもそもの認証が正しくされていなかったような状態だったのかなーってことでした。

パソコン画面右下にマークとして表示されているか、隠れているかはそれぞれの設定によると思いますが、確か「NOSiDE(R)構成管理サブシステム エージェント」とか「NOSiDE ProxyAgent」とかなんかそういうようなアプリがあると思います。

これを押してアプリの操作画面を広げると、構成情報の送信というボタンがあるのですが、私はこれが送れる状態になっていなかったです。

なので、まず構成情報をを送れる状態にして、セキュリティ状態を最新したところ「診断画面の表示に失敗しました」の画面は出てこなくなり、接続も問題なくできるようになりました。

構成情報の送れるようにする詳しい方法は、シンクライアント、端末情報、構成情報送信のFAQに書かれているかと思います。

一言で言うと、ユーザIDの設定を初期状態のままにしていて、自分のユーザーIDに設定していなかったのが原因でした。

設定が必要といった説明をまるで受けた記憶がないので、これを知ったときにはびっくりしました(笑)

誰かの参考になれば。

サブコンテンツ

ページの先頭へ