ひきこもりニートがつらいと感じる原因について分類すると

ひきこもりニートは精神的なつらさを抱えながら生きているということで、ひきこもりニートがつらいと思うことを列挙してみたら、つらさの原因がいくつかに分類されるなと改めて感じました。

そもそもなぜひきこもりニートはつらいと感じるのか?
どこにつらさがあるのか?

自分の経験を踏まえてつらい原因と、おおざっぱな解決方法の方向性を書いてみました。

 

つまらない、退屈な生活自体がつらい原因

「ひきこもる」という行為自体が、退屈でつまらないから、つらいと感じています。

部屋の中での時間の過ごし方なんてのは限られていますし、ひきこもり初期の頃は楽しいと思えていたことも、人間は同じ刺激ばかりだと飽きが来る生き物なので退屈さを感じるようになります。

また、自分の考えを誰かに話すということもしないので、常に頭の中を自分の言葉だけがぐるぐると回ることになり、他人からの刺激がないのでつまらないと感じると思います。

起きていてもつまらないので、寝たきりになりやすいですが、どっちしろつまらないですし、健康な人はひたすら寝続けることにも身体的につらさを感じるでしょう。

長期ひきこもりに多いのではないかと思います。

つまらない人生がつらいと感じる原因のパターンです。

解決方法としては、部屋の中でもいくらでも楽しめる趣味を見つけるか、もしくは、ひきこもりをやめて外に出るです。

 

経済的な不自由がつらい原因

ニートの場合に、稼ぎがないことが原因からくるつらさです。

ひきこもりニートの場合は、稼ぎがないので別に高価なものでなくても、欲しいと思ったものを手に入れることができないことが多いです。

欲しいと思っても手に入らないことはつらいことです。

ニートの分際で、親に買ってくれとも言いづらいです。
また、親に経済的な負担を掛けているということは感じるので罪悪感もつらいです。

さらに言えば、面倒を見てくれる人がいなくなれば、貯金が尽きれば、そこで人生が行き止まって、破綻することもわかっていることです。

つまり、収入がなければ、自立ができません。人生にまるで自由がありません。
物理的にも精神的にも窮屈さを感じます。

ひきこもっているというよりも、閉じ込められているという感じです。不自由さが閉塞感をもたらして、つらいはずです。

解決方法としては、在宅ワークなり、外に出て働くなり、手段はなんでもよいですが、自分の手で稼ぎを手にすることです。

 

他者からの評価・関わりがつらい原因

家族との顔合わせがつらい

ひきこもりニートをやっていると、家族には経済的な負担、精神的な負担をかけることになります

そのことに罪悪感を感じているひきこもりニートは、家族と顔を合わせるのが精神的な負担になります。

また、ひきこもりから脱却させようと、不理解で無理な方法をしてくる家族と言い合いして衝突する経験をすれば、家族と顔を合わせるのがイヤになります。

(一般的には)自分の味方であるはずの家族なんですが、ひきこもりニートにとっては家族は必ずしも味方でなく、同じ家で家族と生活することがつらいと感じる原因です。

解決方法としては、家族に負担をかけるていることが原因で肩身が狭いわけなので、やはりお金を自分で稼ぐことだと思います。

 

知人からの目がつらい

過去のまとまだった頃の自分を知っている人、知人や親戚から向けられる目が怖いパターンです。

ひきこもりニートが社会的にはダメ人間と見なされると思っている・知っていることがつらいと感じる原因です。

解決方法としては、自分の自尊心を守ろうなんてことはまるで考えない姿勢で生きる方法です。

開き直ってひきこもりニートであること、ひきこもりニートであること(だったこと)を周りにフルオープンに開示して、気にしないことです。

これができる人は、すごいなと思います。
人に自分のことを隠す後ろめたさを感じることなく、楽しく生きていける方法です。

 

別の解決方法としては、地元(自分を知る人がいる場所)を離れることです。
そして、ひきこもりニートから脱出することです。

この方法は、自分の過去を比較的に気にせずに、心機一転して新しい気持ちで人生の再スタートできる方法です。

私は自分を知る人がいない場所で活動することにしました。
ひきこもりニートを脱出した後は、(人にもよりますが)知人にひきこもりニートやっていたことを話すときも、笑い話として語れるようになりました。

 

世間からの目がつらい

世間からの目がつらいのは、想像からくる漠然とした不安から、もしくは、具体的に過去に体験したことから、世間体みたいな他人からの目を気にするパターンです。

これも、ひきこもりニートが社会的にはダメ人間と見なされると思っている・知っていることがつらいと感じる原因です。

このつらさは、ひきこもりニートが外に出て、社会復帰をしようとするときに感じるつらさであり、社会復帰の障害となりうるものです。

解決方法は、社会に出なくてもよいように家にいながら稼げるようになるか、つらさを受け入れて社会復帰するかです。

社会復帰に関して言うなら、簡単な場所から始めるのがよいと思います。

日本の常識とアメリカの常識が違うように、世間体や常識、正しさなんてのは場所や組織によってだいぶ違います。

ひきこもりニートに向けられる目が厳しくない場所は、探せば日本にもたくさんありますので、そういった場所がオススメです。

 

一人ぼっちで居場所がないことがつらい

ひきこもりニートの場合は基本的に、他者との関わりがない、もしくは、他者との関わりが負担になる状態です。

けれど、純度100%のひきこもり気質の人間でもない限りは、ずっと長期で一人でいることに対して孤独感を感じてつらいと思います。

世界のどこにも居場所がないなって。生きていても仕方がないなって。

私はそうでした。

解決方法は、ネットでもリアルでもどちらでもいいので、自分の理解者・支援者・友人・仲間を見つけることです。

互いの苦しさを打ち明けられるような友人が一人でもいると、気持ちはだいぶ変わります。

 

ひきこもりニートのつらい原因と解決方法をまとめると

ひきこもりニートがつらいと感じる原因を分類してみると、3つだと思います。
(他にもあるでしょうか?)

  • ひきこもり人生がつまらない
  • ニートでお金を稼いでいない=他者の目が気になる
  • 孤独で居場所がない

それぞれの人の性格によって、目標とする解決方法は違ってきますが、1つじゃなくて3つの全てに対して対処しないとつらい気持ちは完全には解消されないだろうなと思います。

私の場合は、元ひきこもりニートの友人が出来たことで、孤独がなくなり、つまらなさもなくなりました。
また、お金を自分で稼げるようになったことで、経済的な不自由がなくなると同時に他者の目に怯えなくて済むようになりました。

ひきこもりニートでつらいと感じている人は、自分の場合はどこにつらさを感じるのか考えてみて、どう解決していくのかも考えてみることをオススメします。

サブコンテンツ

ページの先頭へ