ひきこもりニート

ひきこもり

ひきこもりニートがつらいと思うこと8選

ひきこもりニートは精神的なつらさを抱えながら生きているものですが、つらいなと思ったことを列挙してみたいと思います。 自分の経験を振り返ってみて、つらい瞬間を列挙しているだけなので、真面目な内容でもないですし対策などは書いていません。
ひきこもり

ひきこもりニートだからアルバイト面接に受からないという人は方法を見直してみよう

ひきこもりニートの人がアルバイトをしようと思って、バイト面接を受けてみる。けれど、受からない。バイトなら受かるかもと思っていたのに。心が落ち込み始める。私はこのパターンでした。ひきこもりニートだった人でも、きちんとバイト面接に受かるための準備、対策をすれば、アルバイトには受かります。
ひきこもり

ひきこもりニートの履歴書の空白期間の書き方は結論が決まっていること

   
ひきこもり

ひきこもりニートの社会復帰に最もオススメの方法は日雇いバイト

もし、現役ひきこもりニートの人に「社会復帰するオススメの方法はなに?」と聞かれたら。 元ひきこもりニートの私は、まずは日雇いバイトを社会復帰の第一歩としてオススメします。 日雇いバイトが最適な社会復帰方法である理由を経験談を踏まえて書きます。
ひきこもり

外に出たい。ひきこもりニートからの脱出方法とは、簡単な環境から始めることに尽きる

ひきこもりニートから脱出して「外に出たい」と考えたときに、障害である「外に出ることへの恐怖」を克服するために、どう考えて行動したのか。私がひきこもりニートからの脱出を試みたときの失敗と成功の経験から考えたベストな方法について書きます。 あんまり頑張らずに、でも、「外へ出たい」「外に出なきゃいけない」ひきこもりニート向けの内容になります。
ひきこもり

ひきこもりニートに働く自信って必要ないですよね?

ひきこもりニートは仮に働きたいと労働意欲がわいても、「働く自信がない」「働くのが怖い」「外に出るのが怖い」と怖気づいてしまう。 かつての私がそうでした。 でも、ひきこもりニートに、働く自信って本当に必要ですか? ダメ人間だった私は、自分に期待をしなくなったので、最初に働く上で自信なんて求めることはしませんでした。
ひきこもり

自信がないひきこもりニートに対して、自信を持ってとか前向きにとか励ます人の正気を疑ってしまう

部屋にひきこもっているだけの自信がないひきこもりニートに向かって、自信を持てとか前向きにとか励ます人の正気が私には信じられません。 別にひきこもりを励ます行為を否定するつもりはありませんが「えっ!?」という意外に感じる気持ちがあります。 前向きな励ましの言葉を求めていなかった元ひきこもりニートの考えを残しておこうと思います。
ひきこもり

外に出るのが怖いひきこもりニートにまず必要なこと

ひきこもりニートが外に出るのが怖いのは当たり前です。私は長期のひきこもりニート期間を経た後に、外に出るのが怖くなりました。 外へ出られないひきこもりニートだった私が外出できるようになった経験から、まず外に出るに当たってしたことを書いておきます。 ひきこもりニートの克服へ必要な一歩でした。
ひきこもり

あるひきこもりニートの特徴

私が考える引きこもりの特徴です。というか、昔の私の性格の特徴を列挙してみます。 人それぞれでしょうが、ひとつのパターンとして参考になればと思います。 (ひきこもりが進んでいって、社会復帰したパターンになります)
ITパソコンスマホプログラミング

引きこもりにはプログラマーという職業が向いていかもしれない理由

引きこもり(ニート)に向いている職業にはプログラマー(≒エンジニア)が挙げられると私は思っています。 この記事では、どんな引きこもりが、どうして引きこもりが、プログラマーに向いているのか、重度の引きこもりニートだった私の経験から主観を載せようと思います。